スワンボートを漕ぎながら

元文学部生のぼやきです

定期的に自分の「内」と「外」を整理すること

タンスの中は混沌としていませんか?

私の部屋には、買ったはいいけど着ていない服、まだ読んでいない小説がたくさんあります。店で見たときに、衝動的に買ったはいいけれど、しばらく放置されてしまったモノたち。それらは全てタンスの中に押し込まれ、まさに混沌としています。小さなヴンダーカンマーみたい。

しかし、このような買い物をしていた私ですが、なぜか後悔はしていなかったんですね。放置された彼らを見ても「失敗だった、でもその失敗経験は重要だったんだ!」と肯定的に捉えていました。我ながらなんとポジティブな……。*1

でも最近になって、今までの衝動的な買い物を反省するようになりました。というのも、就活でアルバイトを減らさざるを得なくなり、金欠に陥ったんですね。
「とりあえず新しく物を買うのを止めよう、手元にあるモノを整理しよう」
そう考えた私は、早速整理の計画を立て、実行しました。

部屋の掃除と同時に、私が日常生活で取っている「メモ」の整理も行いました。正直、部屋の掃除よりも厄介で、例えるなら換気扇の掃除をしている感じでした。

そして、メモの整理を本格的に計画する際、少しだけ参照したのが『思考の整理学』です。

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

ただ本書は、おそらく研究者や知識欲に溢れた人向けに書かれているので、私は必要な部分を掻い摘んで読みました。

今回は、思考錯誤の末に辿り着いた、私なりの整理方法を紹介したいと思います。

自分の外側を整理する

まず自分の「外」、近い所で「部屋」の整理について考えてみます。部屋の掃除と言えば「断捨離」です。「断つ・捨てる・離す」なんて、凄い言葉ですよね。爽快感に溢れていて語感は好きです。
しかしこれって、部屋は片付きますが、根本的な部分が解決されていません。それは「なぜ買ったのか、またなぜ放置してしまったのか」という反省点です。店でモノに出会ったとき、何かしら感情が揺さぶられたはずです。しかし、時間が経つにつれ、その感情、さらにはモノが忘れ去られ、放置されてしまった。久しぶりに出会ったと思ったら「いらない!」と捨てられる。これは非常に勿体無いですよね。

では、一度買った物を放置せずに消費するには、どうすればいいのでしょうか?
それは「定期的な整理」によって解決されると思います。
具体的な整理の仕方を考えてみました。

  • 今週買ったモノを書きだしていく
  • それらを「使用済み」「未使用」の大きく二つに分類する。
  • さらに「使用済み」のモノを「再度使用したい」と「使用しない」に分け、後者に対して「なぜ使用しないのか」を考え、記録し、捨てるか売る。
  • 「未使用」のモノは「今後の使用予定あり」と「使用予定なし」に分け、後者に対して先ほどと同じ質問をし、捨てるか売る。
  • 「使用予定あり」のモノを、自分なりに区別し収納場所へ置いておく。
  • 最低週一回、この整理の時間を予定に入れておく。

なぜモノが溜まっていくのかというと、定期的な整理を怠った結果なんですね。「断捨離」が流行る以前から「年末の大掃除」などという救済策がありましたが、モノで溢れかえる現代において「年に一度の大掃除」だけでモノを整理することなど不可能です

自分の内側を整理する

次に自分の「内」側、つまり頭の中の整理方法について考えてみます。
みなさんは日常生活でメモを取っていますか?講義中や読書中のメモ、散歩している時に浮かんだことから、金欠のため断念した買い物のメモなど。ブログや日記などをまとまったメモとして使用している方もいると思います。
メモは後から読み返す自分のためにも必要なのですが、これも定期的に整理しなくてはいけません。

私は様々な媒体にメモをしています。小さなノートからEvernoteなど。そのため「どこに書いたっけ、整理するのも面倒くさい」と何回も、それはもう何回も思いました。でも、メモってすぐ記録しないと忘れてしまうので、つい近くにある媒体に記録してしまうんですよね。これはもう仕方ありません。

この仕方ない怠慢を許しつつ、自分の内側の整理方法を考えてみました。
まず前提として、自分の内側を整理する上で、メモを取って思考や感情を可視化、言語化することは必須だと考えます。ですので、ここではメモの整理方法について考えていきます。

  • まず「メモ用」の媒体(小さいノートやメモアプリなど)を複数決めておく。
  • 次に「記録用」の媒体を大きく「思考の記録」「感情の記録」の二つに分けて決めておく(公開用のブログと非公開の日記とか)

  • 実際にメモを取る(メモの取り方は人それぞれだと思います)
  • メモを整理する際、複数の媒体全てに目を通し、まとめて整理する。整理の仕方は「部屋の掃除」とほぼ同じ。
  • 整理する際はあまり細分化せず、思考と感情の二つにまとめて記録する。
  • できれば毎日の就寝前、もしくは起床後に行う。さらに、週末と月末にも簡単な整理を行う。

★★★

長々と書きましたが、これは私が一番習慣化したいことなんですね。今まで散々怠惰な生活をしていたわけですが、卒論や社会人生活を控え、少しでもこの生活を脱却したい。そんな自戒の念を持って、今回の記事を書きました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

*1:私はミニマリストではありませんし、モノに囲まれて生活することに幸せを感じています。ですので今回の記事は、大量のモノと折り合いを付けていく生活論と捉えていただければ幸いです。